合わせるヨーグルトは

オリゴ糖と合わせるヨーグルトとしては砂糖が入っていない無糖のものを選ぶようにしましょう。砂糖が入っているとその時点で十分に甘い味になっているため、そこにオリゴ糖を入れてしまうと甘みが強くなってしまい食べられないものとなってしまいます。それだけでなくオリゴ糖が合わさることで余分に糖を摂ってしまい、カロリーを多めに摂ってしまうことになります。

無糖を前提にして選ぶことになりますが、無糖であっても乳酸菌がしっかり入っているとは限りません。販売されている商品の中には乳酸菌の効果が高いように書かれていても実際には思った以上の効果が得られないことが多いのも事実であるからです。そのため種類として無難に選ぶのであれば特定保健食品、トクホとして認められている商品を選ぶのがいいです。トクホであれば国からその効果が認められているため、含まれている乳酸菌の効果にも期待することができるからです。

しかし最終的に選ぶ決め手となるのは「自分に合うかどうか」です。人によって体質の違いがあるように、その体質によって合うヨーグルトも変わってきます。他の人には効果が出ても自分には思った以上の効果が出ない場合もあるのです。そのために選ぶ場合には様々な種類のものを食べていき、そこから効果が出るかどうかを試していって判断をしていくのがいいです。

オリゴ糖とヨーグルトの相性の良さ

ただのデザートとして食べることもありますがヨーグルトを食べる目的の大半が健康面を考えてのことであり、ヨーグルトは乳製品で発酵食品であるため乳酸菌が数多く含まれています。乳酸菌は体内に入ると腸内で消化の促進をし、それによって排出のバランスも整えます。そのため便秘解消や体内に溜まった廃棄物を排出することによって肌荒れやニキビができるのを防ぐことができます。

しかし乳酸菌も活発に活動ができなければその効果を発揮できません。その活発に活動するには人間が食事を摂ることで体内に栄養を取り入れ動力源とするように乳酸菌にも「エサ」を与える必要があるのです。そのエサとなるのがオリゴ糖であり、オリゴ糖は他の糖に比べると体内にまで届きやすいため乳酸菌のエサとなって増殖と活動の活発をさせ効果が高まります。

外部リンク<カイテキオリゴ – 便秘改善食品>
NPO法人日本サプリメント評議会に安全評価製品と承認されているカイテキオリゴです。

ヨーグルトにオリゴ糖が入っていれば乳酸菌とオリゴ糖を同時に摂ることができるため、ヨーグルトの効果が高まるのです。これがヨーグルトと相性がいい理由となっています。他の理由としてオリゴ糖はカロリーが低い方であり、摂取する量が少なくても十分効果が出るためカロリーを必要以上に摂ってしまう心配がありません。他にもオリゴ糖ならではの体によい効果があるため、便秘解消以外の方面での改善効果も期待ができるのです。

オリゴ糖について

オリゴ糖は糖という名称が付くとおりに糖類の一種です。オリゴはギリシャ語で「少ない、少し」を表す言葉であり、その名の通りにオリゴ糖は単糖が繋がってできるものではあるのですがその繋がった数は2個から20個程度と少ないものとなっています。その少ないという意味から別名小糖類とも呼ばれますがオリゴ糖の定義自体は定まっていないものであるため、一般の甘い調味料として当たり前のように存在する砂糖も構造を見るとオリゴ糖に分類していると判断されることになります。

ヨーグルトは何も入っていない無糖の状態だと酸っぱい味であることが多く、酸っぱいのが平気であればよいのですが基本的には食べ続ける意欲を削ぐものとなってしまいます。そのために基本的にヨーグルトを定期的に食べ続ける場合には、ヨーグルトの中に何かを入れていくことになります。砂糖やハチミツといったものがありますが、その中でもオリゴ糖はその持っている特徴からヨーグルトに入れるものとして相性はよいものとなっています。オリゴ糖の特徴はどのようなものであり、それが何故ヨーグルトとの相性がいいのでしょうか。

今の世の中ではヨーグルトと一言でいっても様々なタイプのヨーグルトが商品として世に出ています。タイプによってもオリゴ糖との組み合わせによる効果の大きさは変わってくるものであり、間違えると食べ続けても効果が薄くなってしまう場合があります。オリゴ糖を入れるのであればどのようなヨーグルトを選べばよいのでしょうか。