治療はできるのか

事故もし自分が交通事故に遭い、高次脳機能障害になってしまったらどうしようと不安を感じている方もおられるかもしれません。誰もが交通事故に遭う可能性はあるわけですし、明日は我が身ということも考えられます。では、もし交通事故に遭ってしまい自分が高次脳機能障害になったとして、この障害を治療することは可能なのでしょうか。実は、高次脳機能障害には確立された治療法が存在しません。そのため、交通事故などが原因で高次脳機能障害になってしまったとしても確実に治療ができる、治るとは断言できないのです。

高次脳機能障害が残ってしまった場合にはその障害とうまく付き合っていくことになります。確実に治療できる方法が存在しないのですから、これから先の人生において障害とうまく付き合っていくしかありません。ただ、高次脳機能障害はリハビリによってある程度症状を回復させることができると言われていますし、実際にリハビリを頑張っている方もたくさんいます。認知リハビリテーションと呼ばれるリハビリを行うことによって日常生活や仕事で必要な動作、技能を習得することは可能でしょう。高次脳機能障害が残った場合でもリハビリで状態を良くすることは可能ですから諦める必要はありません

Pocket