オリゴ糖とヨーグルトの相性の良さ

ただのデザートとして食べることもありますがヨーグルトを食べる目的の大半が健康面を考えてのことであり、ヨーグルトは乳製品で発酵食品であるため乳酸菌が数多く含まれています。乳酸菌は体内に入ると腸内で消化の促進をし、それによって排出のバランスも整えます。そのため便秘解消や体内に溜まった廃棄物を排出することによって肌荒れやニキビができるのを防ぐことができます。

しかし乳酸菌も活発に活動ができなければその効果を発揮できません。その活発に活動するには人間が食事を摂ることで体内に栄養を取り入れ動力源とするように乳酸菌にも「エサ」を与える必要があるのです。そのエサとなるのがオリゴ糖であり、オリゴ糖は他の糖に比べると体内にまで届きやすいため乳酸菌のエサとなって増殖と活動の活発をさせ効果が高まります。

外部リンク<カイテキオリゴ – 便秘改善食品>
NPO法人日本サプリメント評議会に安全評価製品と承認されているカイテキオリゴです。

ヨーグルトにオリゴ糖が入っていれば乳酸菌とオリゴ糖を同時に摂ることができるため、ヨーグルトの効果が高まるのです。これがヨーグルトと相性がいい理由となっています。他の理由としてオリゴ糖はカロリーが低い方であり、摂取する量が少なくても十分効果が出るためカロリーを必要以上に摂ってしまう心配がありません。他にもオリゴ糖ならではの体によい効果があるため、便秘解消以外の方面での改善効果も期待ができるのです。